HOME >> 人生の一考察 >> ケンタッキーのカーネルおじさんの話

2009年08月09日

ケンタッキーのカーネルおじさんの話

ケンタッキーフライドチキンの創業者はカーネルサンダースといいます。
彼が成功を収めた理由はただひとつ、あきらめなかったということである。

彼はケンタッキーフライドチキンで大成功をするのであるが、
けっして順調な人生を送ってきたわけではなかったのです。

実は40歳のときにレストランを始めて繁昌する。
ところが高速道路の建設の影響で車の流れが変わってしまい、
それから客足が遠のいて売り上げがどんどん減ってしまうのです。

そしてとうとう弊店することになった。
収入が無く、始めてもらった社会福祉のお金は105ドルしかなかった。
とても生活していける金額ではない。
普通なら絶望してしまうような状況だった。

そのときに何か自分が持っているもので売れるものはないか?
必死で考えたのです。
たったひとつ自信のあるものが浮かびました。
それは自分のレストランでも大好評だったメニューで
フライドチキンだったのです。

そこで自分が自慢のレシピを他のレストランへ売ってはどうかと考えた。
しかしレシピを売っても大した金額になるものではない。
では、どうすればもっとお金になるだろうかと考えた。
そうだ、自分でチキンを実演販売してお客に食べてもらおう。
それで売り上げが増えれば、そこから何パーセントかをもらおう。

そのようなアイデアを思いついたのである。
さっそく食材と調理器具を積み込んで出かけたのである。
それは長い旅になった。

最初のレストランに行って実演販売を申し込んだ。
まったく相手にされなかった。
2軒目のレストランも同じだった。
次の3軒目、4軒目、5軒目も同じだった。
試作品を食べてもらうことは出来ても、
実演販売をさせてもらえる店がなかったのです。

しかし彼はあきらめなかった。
実演調理をして食べてもらえればきっと成功する。
そう信じてくる日もくる日もレストランを回り続けた。
普通の人ならあきらめてしまうところだった。

そういうことがづっと続きました。実に2年間も断り続けられたのです。
その数なんと1009軒になっていました。

そしてついに彼の話を聞いてくれるレストランがあったのです。
記念すべき1010軒目のレストランでした。
彼は実際にレストランでフライドチキンの調理をして、
お客様に試してくれるように勧めたのです。

食べたお客は全員美味しいと言ってくれました。
それを聞いたレストランのオーナーは契約をしてくれたのです。
こうやって契約をしてもらえるレストランが徐々に増えていきました。

彼がその事業を始めたのは65歳のときだったのを忘れないで欲しい。
年齢のせいで何かをあきらめるのは間違いだと気が付くでしょう。

大成功を収めた彼は、宣伝のために3回も来日しています。
そして90歳で亡くなるのです。

自分が経営するレストランが倒産して、
年金で生活することができない。
仕事も無い、収入のメドが立たない。
たよる人も誰もいない。
そんな状況で彼は自分でアイデアを考え出して
実行に移すのです。
しかし、それも甘くは無い。
2年間も苦労の連続であった。
車で寝泊りして、ほとんど満足な食事も出来ない。
売り込みは冷たく追い返される。相手にしてもらえない。
それでもけっしてくじけることなく。
自分が信じたことを最後まで貫き通すのであった。

ついには不可能に思えるような大成功を収めるのです。

今は厳しい環境にあったとしても
希望は忘れたらいけない。
そして工夫、アイデアを考えることです。
あきらめないで努力していけば
素晴らしい将来が来ることは間違いない。

« 一つ前のエントリーへ | HOMEへ | 次のエントリーへ »

【人生の一考察<>カテゴリーの関連記事】

整理整頓
改善と改革
カーリー・サイモン:レット・ザ・リヴァー・ラン日本語歌詞
Carly Simon - Let The River Run Lyrics
コートを新調する
転職について
衆議院選挙が終わって
転職する
テレビとボランティア
ケンタッキーのカーネルおじさんの話
世界第二次大戦終戦
戦争が終わって64年
いつでも夢を
空から見た日本100景
雪山の寒苦鳥
メタボ検診始まる
投資のFXについて
就職活動
節分と自己啓発
今を精一杯生きる
分をわきまえる
秋は恋の季節です
中秋の名月
地震多発
美しい国日本
さだまさし償い
人は生かされている
恋愛睡眠 すす め
人工と自然について考える
桜の花を見て
人生50年
今年の干支について
人生は旅といいますね
一生できる仕事
平和について考える
フランクリン13徳中庸
フランクリン13徳正義
フランクリン13徳誠実
フランクリン13徳勤勉
お金について
フランクリン13徳節約
フランクリン13徳決断
フランクリン13徳規律
フランクリン13徳沈黙
フランクリン13徳節制
生きることの不思議
時は金なり
只今臨終
生きているだけで素晴らしい
朝なのに生気がない
何のために生きるのか。
電話するときの気配り
苦労は必要だと思う
一芸に通じるものは万芸に通じる
1日10分の瞑想
平和に感謝
感動

投稿者 管理人 on 2009年08月09日 20:13

ケンタッキーのカーネルおじさんの話を最後までお読下さいましてありがとうございます。ご意見やご感想があればメールしてください。step%town1.net %を@に変えてください

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):