HOME >> 人生の一考察 >> いつでも夢を

2008年09月16日

いつでも夢を

1962年に橋幸夫と吉永小百合がデュエットした歌である

作詩:佐伯孝夫 作曲:吉田正

星よりひそかに雨よりやさしく
あの娘はいつも歌ってる
声がきこえる淋しい胸に
涙に濡れたこの胸に
言っているいるお持ちなさいな
いつでも夢をいつでも夢を
星よりひそかに雨よりやさしく
あの娘はいつも歌ってる

歩いて歩いて悲しい夜更けも
あの娘の声は流れくる
すすり泣いてるこの顔上げて
きいてる歌の懐しさ
言っているいるお持ちなさいな
いつでも夢をいつでも夢を
歩いて歩いて悲しい夜更けも
あの娘の声は流れくる

言っているいるお持ちなさいな
いつでも夢をいつでも夢を
はかない涙をうれしい涙に
あの娘はかえる歌声で
あの娘はかえる歌声で

この歌は46年前の歌である。
メロディは心にすっと入ってくるように単純でわかりやすい。
一度聞いただけで歌えるほどである。

哀しい時も寂しいときも
苦しいときも辛いときも
夢を持っていよう。

どんなときでも夢を持って生きていこう
人間は夢があればがんばれる。

むしろ夢のために生きているのかもしれない。
人生の夢を持とう。
そして夢を実現することが人生の目的と自覚しよう。

有意義な人生を送ろう。

« 一つ前のエントリーへ | HOMEへ | 次のエントリーへ »

【人生の一考察<>カテゴリーの関連記事】

整理整頓
改善と改革
カーリー・サイモン:レット・ザ・リヴァー・ラン日本語歌詞
Carly Simon - Let The River Run Lyrics
コートを新調する
転職について
衆議院選挙が終わって
転職する
テレビとボランティア
ケンタッキーのカーネルおじさんの話
世界第二次大戦終戦
戦争が終わって64年
いつでも夢を
空から見た日本100景
雪山の寒苦鳥
メタボ検診始まる
投資のFXについて
就職活動
節分と自己啓発
今を精一杯生きる
分をわきまえる
秋は恋の季節です
中秋の名月
地震多発
美しい国日本
さだまさし償い
人は生かされている
恋愛睡眠 すす め
人工と自然について考える
桜の花を見て
人生50年
今年の干支について
人生は旅といいますね
一生できる仕事
平和について考える
フランクリン13徳中庸
フランクリン13徳正義
フランクリン13徳誠実
フランクリン13徳勤勉
お金について
フランクリン13徳節約
フランクリン13徳決断
フランクリン13徳規律
フランクリン13徳沈黙
フランクリン13徳節制
生きることの不思議
時は金なり
只今臨終
生きているだけで素晴らしい
朝なのに生気がない
何のために生きるのか。
電話するときの気配り
苦労は必要だと思う
一芸に通じるものは万芸に通じる
1日10分の瞑想
平和に感謝
感動

投稿者 管理人 on 2008年09月16日 00:17

いつでも夢をを最後までお読下さいましてありがとうございます。ご意見やご感想があればメールしてください。step%town1.net %を@に変えてください

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):