HOME >> 人生の一考察 >> 節分と自己啓発

2008年02月03日

節分と自己啓発

節分とは、各季節の始まり(立春、立夏、立秋、立冬)の前日を指している。

季節の分かれ目の日という意味ですね。

その中で立春の前の節分だけが豆まきという風習として

残っているのです。

春といえば一年の始まりのときですから、

この一年が無病息災でありますようにという願いを込めて

鬼は外、福は内というように掛け声をかけてマメを撒いた。

このマメは大豆ですね。

畑の肉といわれるように栄養が豊富です。

豆腐はヘルシーな食べ物として見直されるようになっています。

また大豆にはイソフラボンという成分があって

これが健康に大変よいということで注目をあびています。

アメリカの開拓時代には、入植者は貧しくて食べるものが

満足に手に入らなかったといわれています。

そんな彼らの栄養を守ったのは大豆なのです。

西部劇を見る機会があったら食事のときにビーンズのスープ

を食べているシーンを見ることになります。

大豆は人間にとって重要な栄養を多く含んでいるのです。

そういう栄養学がない時代にあっても

この大豆を節分の日に年の数だけ食べると

長生きするという風習があったというのは

昔の人たちは知らず知らずの内に、

何が体によいかということを知っていたのですね。

先人たちの知恵には驚かされます。

科学万能の時代で、医学も進歩したとはいえ、

人間の体は強く進化したわけではありません。

むしろ便利な世の中になって、歩くことも少なくなり、

現代人の体は弱くなっているのではないですか。

風邪を引く人は年々多くなるような気がします。

花粉症やアレルギー、新たな病気の発生など

むしろ体にとっては悪い環境になっているように感じます。

体が病気になっては、楽しい生活は出来なくなります。

自分の生活態度を見直して、体に良い食べ物、そして運動を心がけて、

体の健康を保つようにすることが、

きっと心の健康に結びつくように思います。

« 一つ前のエントリーへ | HOMEへ | 次のエントリーへ »

【人生の一考察<>カテゴリーの関連記事】

整理整頓
改善と改革
カーリー・サイモン:レット・ザ・リヴァー・ラン日本語歌詞
Carly Simon - Let The River Run Lyrics
コートを新調する
転職について
衆議院選挙が終わって
転職する
テレビとボランティア
ケンタッキーのカーネルおじさんの話
世界第二次大戦終戦
戦争が終わって64年
いつでも夢を
空から見た日本100景
雪山の寒苦鳥
メタボ検診始まる
投資のFXについて
就職活動
節分と自己啓発
今を精一杯生きる
分をわきまえる
秋は恋の季節です
中秋の名月
地震多発
美しい国日本
さだまさし償い
人は生かされている
恋愛睡眠 すす め
人工と自然について考える
桜の花を見て
人生50年
今年の干支について
人生は旅といいますね
一生できる仕事
平和について考える
フランクリン13徳中庸
フランクリン13徳正義
フランクリン13徳誠実
フランクリン13徳勤勉
お金について
フランクリン13徳節約
フランクリン13徳決断
フランクリン13徳規律
フランクリン13徳沈黙
フランクリン13徳節制
生きることの不思議
時は金なり
只今臨終
生きているだけで素晴らしい
朝なのに生気がない
何のために生きるのか。
電話するときの気配り
苦労は必要だと思う
一芸に通じるものは万芸に通じる
1日10分の瞑想
平和に感謝
感動

投稿者 管理人 on 2008年02月03日 23:38

節分と自己啓発を最後までお読下さいましてありがとうございます。ご意見やご感想があればメールしてください。step%town1.net %を@に変えてください

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):