HOME >> 人生の一考察 >> 地震多発

2007年07月24日

地震多発

本当に大きな地震が多発している。

私は阪神大震災のときに神戸市灘区に住んでいました。

運よく高台の六甲山の岩盤に建っていた団地に住んでいたので
被害は軽微なものでした。

地震当日はテレビの報道で恐ろしい様を見ていたために
家を出る気がしませんでした。

まさか生き埋めになっている人があれほど多くいたとは
想像すらできなかったのです。

そこで翌日になって街の中へでかけてみると
軒並み倒壊したいる家家を見て恐怖したのです。
このまま仕事も生活もどうなってしまうのか?
不安ばかり募りました。

行政も政府も経験のないことで
明確な指針を打ち出さなかったのですから。

そして食料確保のために被害の無かった
近郊都市の三田市まで買出しにいきました。
そこで見たものは人間の醜さでした。

被害に会った人たちは食事が満足にできない状況です。
それが被害のまったくなかった人たちが
早々と食料を買い占めていたのです。

被害者を救うどころか、食料を独占する。
これが人間の姿なのです。

遠方から来られたボランティアの方々には
感謝の念でいっぱいです
頭が下がります。

阪神大震災では多くの教訓が得られたはずです。
その後も地震はいくつも起きています。

地震のたびに人間の醜さと暖かさを思い出します。
今度の新潟地震も他人事でなく
自分のこととして考えてみてください。

いつ起きるかわからい自然災害、
それは一瞬で生活を奪ってしまうのです。

そういうときこそ助け合いが必要なのです。
自分ができる小さな援助でいいと思います。

人間が助け合うことができる社会であってほしいと願います。

« 一つ前のエントリーへ | HOMEへ | 次のエントリーへ »

【人生の一考察<>カテゴリーの関連記事】

整理整頓
改善と改革
カーリー・サイモン:レット・ザ・リヴァー・ラン日本語歌詞
Carly Simon - Let The River Run Lyrics
コートを新調する
転職について
衆議院選挙が終わって
転職する
テレビとボランティア
ケンタッキーのカーネルおじさんの話
世界第二次大戦終戦
戦争が終わって64年
いつでも夢を
空から見た日本100景
雪山の寒苦鳥
メタボ検診始まる
投資のFXについて
就職活動
節分と自己啓発
今を精一杯生きる
分をわきまえる
秋は恋の季節です
中秋の名月
地震多発
美しい国日本
さだまさし償い
人は生かされている
恋愛睡眠 すす め
人工と自然について考える
桜の花を見て
人生50年
今年の干支について
人生は旅といいますね
一生できる仕事
平和について考える
フランクリン13徳中庸
フランクリン13徳正義
フランクリン13徳誠実
フランクリン13徳勤勉
お金について
フランクリン13徳節約
フランクリン13徳決断
フランクリン13徳規律
フランクリン13徳沈黙
フランクリン13徳節制
生きることの不思議
時は金なり
只今臨終
生きているだけで素晴らしい
朝なのに生気がない
何のために生きるのか。
電話するときの気配り
苦労は必要だと思う
一芸に通じるものは万芸に通じる
1日10分の瞑想
平和に感謝
感動

投稿者 管理人 on 2007年07月24日 15:05

地震多発を最後までお読下さいましてありがとうございます。ご意見やご感想があればメールしてください。step%town1.net %を@に変えてください

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):