HOME >> 人生の一考察 >> フランクリン13徳節制

2006年10月12日

フランクリン13徳節制

フランクリンの13徳を順番に自分の考えで説明します。

第1節制

フランクリンは、人生に大事なことの一番目に節制を選びました。
そして実践する具体的なことを飲食に限って習慣にしようとしたのです。

飽くほどに食うなかれ。酔うまで飲むなかれ。

簡単にいえば 暴飲暴食してはいけないということです。
人間の本能的欲求には、食欲・睡眠・性欲があります。
人間が動物として生きていた時代から変わらない欲求です。

この3つの欲求がなくなると死んでしまいます。性欲がなくなると
人類は滅亡するでしょう。

食べるという行為は、生命に直結しています。食べることをやめると死んでしまいます。
しかし人間に限って食欲は暴走することがあるのです。

自然動物と違って、人間は必要以上に食べます。

野生動物は肥満になることがありません。

人間だけが自分を抑制できないで肥満になってしまいます。

しかも肥満が悪いと理解しても、食べすぎをやめられない人が多い。

昔のことわざに、腹八分目に医者いらず、というのがあります。

満腹まで食べないほうが健康になれるということです。
食べすぎ、偏食、人工添加物など食に関する問題は、
今後さらに大きな社会問題となるでしょう。
しかしいつかは自分に帰ってくるのですから、食の節制は努力して直したいものです。

食欲を抑制してこそ、楽しい体によい程度の食事ができてこそ人間らしいのです。

フランクリンの13徳

第1節制飽くほどに食うなかれ。酔うまで飲むなかれ。

第2沈黙自他に益なきことを語るなかれ。駄弁をろうするなかれ。

第3規律物はすべて所を定めて置くべし。仕事はすべて時を定めてなすべし。

第4決断なすべきことをなさんと決心すべし。決心したることは必ず実行すべし。

第5節約自他に益なきことに金銭を費やすなかれ。すなわち、浪費するなかれ。

第6勤勉時間を空費するなかれ。つねに何か益あることに従うべし。無用の行いはすべて断つべし。

第7誠実詐(いつわり)を用いて人を害するなかれ。心事は無邪気に公正に保つべし。
口に出すこともまたしかるべし。

第8正義他人の利益を傷つけ、あるいは与うべきを与えずして人に損害を及ぼすべからず。

第9中庸極端を避くべし。たとえ不法を受け、憤りに値すと思うとも、激怒を慎むべし。

第10清潔身体、衣服、住居に不潔を黙認すべからず。

第11平静小事、日常茶飯事、または避けがたき出来事に平静を失うなかれ。

第12純潔性交はもっぱら健康ないし子孫のためにのみ行い、
これに耽りて頭脳を鈍らせ、身体を弱め、または自他の平安ないし
信用を傷つけるがごときことあるべからず。

第13謙譲イエスおよびソクラテス[7]に見習うべし。」

この13徳は順番も大事です。

ベンジャミンフランクリンは、この順番の通りに習慣になるまで実践しました。

13の題目は、古今東西の宗教、哲学、金言、言い伝え、ことわざ、聖人、賢人などの言葉から
人生に大事と思えることを選んで決められました。そして、フランクリンが自分がそれを具体的に
実践することを決めたのです。

« 一つ前のエントリーへ | HOMEへ | 次のエントリーへ »

【人生の一考察<>カテゴリーの関連記事】

整理整頓
改善と改革
カーリー・サイモン:レット・ザ・リヴァー・ラン日本語歌詞
Carly Simon - Let The River Run Lyrics
コートを新調する
転職について
衆議院選挙が終わって
転職する
テレビとボランティア
ケンタッキーのカーネルおじさんの話
世界第二次大戦終戦
戦争が終わって64年
いつでも夢を
空から見た日本100景
雪山の寒苦鳥
メタボ検診始まる
投資のFXについて
就職活動
節分と自己啓発
今を精一杯生きる
分をわきまえる
秋は恋の季節です
中秋の名月
地震多発
美しい国日本
さだまさし償い
人は生かされている
恋愛睡眠 すす め
人工と自然について考える
桜の花を見て
人生50年
今年の干支について
人生は旅といいますね
一生できる仕事
平和について考える
フランクリン13徳中庸
フランクリン13徳正義
フランクリン13徳誠実
フランクリン13徳勤勉
お金について
フランクリン13徳節約
フランクリン13徳決断
フランクリン13徳規律
フランクリン13徳沈黙
フランクリン13徳節制
生きることの不思議
時は金なり
只今臨終
生きているだけで素晴らしい
朝なのに生気がない
何のために生きるのか。
電話するときの気配り
苦労は必要だと思う
一芸に通じるものは万芸に通じる
1日10分の瞑想
平和に感謝
感動

投稿者 管理人 on 2006年10月12日 16:35

フランクリン13徳節制を最後までお読下さいましてありがとうございます。ご意見やご感想があればメールしてください。step%town1.net %を@に変えてください

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):