HOME >> 人生の一考察 >> 時は金なり

2006年10月08日

時は金なり

いかにも日本のことわざのように思えるが、

実は西洋の昔からあることわざです。

Time is money直訳で時は金なり

ベンジャミン・フランクリンが、自社で発行した暦によって広められた。

フランクリンは、ことわざなど昔から伝わる、人生で大事と思える言葉を

カレンダーに印刷して販売していた。

それは今から250年くらい前のことです。

この時は金なり以外にも、いろいろな慣用句を残しました。

時は金なりとはよくいったもので、

人生何十年と思うと、1分1秒が重く感じられませんが、

本当は、その1分1秒の積み重ねが人生なのです。

そして、この時間というのは止めることが出来ないし、

逆のぼって過去にいくこともできません。

後悔してもやり直しができないのです。

どんな地位にある人でも、どんなにお金持ちでも、どれほど頭が良くても、
美人でも、良い人でも、悪人でも、この時間から逃れることはできません。

中国の最初の皇帝になった、秦の始皇帝はあらゆるものを手に入れました。

しかし永遠の命だけは手に入れることができませんでした。

命すなわち時間です。

永遠の命は誰も得ることができないからこそ、尊いのです。
貴重なのです。

その貴重な時間を大事に使いましょう。
二度と来ない時間です。
少しも無駄にすることは出来ません。

「始皇帝,人生」の関連ブログを読む

  • 始皇帝と彩色兵馬俑展(chirorin5)
    始皇帝と彩色兵馬俑展 ?司馬遷「史記」の世界?』 にぶらぶら行ってきました ...司馬遷も壮絶な人生です。 シューマンがこの美しいメロディーを書いていた頃は、既に精神混乱が 始まっていたので苦しみ抜いて生まれた作品であるだろうし、 司馬遷は友人を弁護した為に武帝 ...
  • 始皇帝と彩色兵馬俑展― 司馬遷『史記』の世界()
    始皇帝の時代に、地下帝国というものが作られていたことが、とても衝撃だった。 ...始皇帝が死後も、生前と同じように過ごせるように、できうるかぎり地上世界を再現しようとしたらしい。 青銅で作った水鳥、兵士、動物、排水溝、雑技団、人工の川 等々。 普通、どんな権力 ...
  • 【万里の長城と名月 北京・大連5日間】 2日目 北京編(shimojikonashi)
    【二日目】 北京 → 故宮博物館 → 天壇公園 → 雍和宮(チベット仏教寺院) → 万里の長城(名月鑑賞、北京泊) <天安門広場へ> 2日目の朝は晴天に恵まれ、朝食を終えた後、北京市内観光へ。 まず向かったのは、中国の政治シンボル、「天安門広場」。 バスの中で、売り ...
  • 兵馬俑が見たい!!(Daisy)
    TVで始皇帝ミステリー地下帝国?の謎という番組の再放送を放映していた。 ...始皇帝と彩色兵馬俑展の宣伝もかねてのことだろうと思いますが、前回の放送を見逃した私は、偶然、実家で再放送を見ることができ、目が釘付けになるくらい約1時間の番組を見ました。 実は私は中 ...
  • 宇宙は本来、慈悲の行業()
    永遠の生命を悟るために人生があるとするなら、これの追求が目標であり、目的であってよいとは、 ...人生最大最高の目的です。まさに『生も歓喜、死も歓喜』です。(大白49ページ) 万人が欲する永遠の生命、今世の使命を果たしきり、来世も民衆共済の尊き使命に、永遠の ...
  • 先祖がえりの遺伝子。()
    秦の始皇帝が夢にまで見た、不老不死の肉体を手に入れることとなるのだろうか。 ...人生の中から病気や事故というファクターさえ取り除けば、生命は永遠だということになる。 もちろん、くたびれた臓器はその都度、人工臓器に取り替える。 人工といっても、機械的なもので ...

« 一つ前のエントリーへ | HOMEへ | 次のエントリーへ »

【人生の一考察<>カテゴリーの関連記事】

整理整頓
改善と改革
カーリー・サイモン:レット・ザ・リヴァー・ラン日本語歌詞
Carly Simon - Let The River Run Lyrics
コートを新調する
転職について
衆議院選挙が終わって
転職する
テレビとボランティア
ケンタッキーのカーネルおじさんの話
世界第二次大戦終戦
戦争が終わって64年
いつでも夢を
空から見た日本100景
雪山の寒苦鳥
メタボ検診始まる
投資のFXについて
就職活動
節分と自己啓発
今を精一杯生きる
分をわきまえる
秋は恋の季節です
中秋の名月
地震多発
美しい国日本
さだまさし償い
人は生かされている
恋愛睡眠 すす め
人工と自然について考える
桜の花を見て
人生50年
今年の干支について
人生は旅といいますね
一生できる仕事
平和について考える
フランクリン13徳中庸
フランクリン13徳正義
フランクリン13徳誠実
フランクリン13徳勤勉
お金について
フランクリン13徳節約
フランクリン13徳決断
フランクリン13徳規律
フランクリン13徳沈黙
フランクリン13徳節制
生きることの不思議
時は金なり
只今臨終
生きているだけで素晴らしい
朝なのに生気がない
何のために生きるのか。
電話するときの気配り
苦労は必要だと思う
一芸に通じるものは万芸に通じる
1日10分の瞑想
平和に感謝
感動

投稿者 管理人 on 2006年10月08日 09:40

時は金なりを最後までお読下さいましてありがとうございます。ご意見やご感想があればメールしてください。step%town1.net %を@に変えてください

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):