HOME >> 人生の一考察 >> 人工と自然について考える

2007年04月17日

人工と自然について考える

自然あるいは天然という言葉と人工的なものは対比する言葉として扱われます。
都会は人工的に作られたものですから自然がなくて、田舎は建物も少なく自然が多い。
そのように捉えているのではないでしょうか?

都会は人間が多くて疲れるから、たまの休みには人の少ないところでリフレッシュしないと
気分転換ができない。ストレスがたまるという人も多くいますね。

私もこのように考えていました。ところがアメリカの医者であるパッチアダムス氏の著作の中にある次の一文でまったく考えが変わってしまったのです。

人間も自然の一部だ

そう人間も自然の中ではひとつの部分なのですね。人工と自然を分けて考えていた自分が間違っていることに気がついたのです。人間も自然なんだ。

そうなると満員電車も少しは我慢できるようになりました。また都会も実は自然の一部なのだと捉えるようになったのです。自然ですから草や木、昆虫や動物と人間は同じカテゴリーの中にあるのです。何も人間だけが特別なことがないのです。

今から5000年前の人間のミイラが発見されて話題になったことがあります。そのミイラを研究すると科学は発達していなかったものの、人の生活としては今とほとんど変わらないということがわかってきたのです。

でもよく考えてみると、わずか5000年前のことも記録に残っていないし、2000年前の生活もほとんど推測でしかないのです。そして人間の作った人工物もほとんど残っていません。この先5000年経ったとしたら今の人間を知るものはまったくいなくなります。そして作られたものも姿がそのまま残るものがないでしょう。

それが本来の自然の姿なのです。実際には一人の人間がすることはたかが知れているのです。しかしそれでも人間は生きていくのです。だから昔のことを考えてもしかたがないし、先のことを考えても何もならないのです。

せっかく神より生命をいただいて生まれてきたのですから、精一杯生きようではありませんか。精一杯生きることが自然の摂理にかなったことなのです。

« 一つ前のエントリーへ | HOMEへ | 次のエントリーへ »

【人生の一考察<>カテゴリーの関連記事】

整理整頓
改善と改革
カーリー・サイモン:レット・ザ・リヴァー・ラン日本語歌詞
Carly Simon - Let The River Run Lyrics
コートを新調する
転職について
衆議院選挙が終わって
転職する
テレビとボランティア
ケンタッキーのカーネルおじさんの話
世界第二次大戦終戦
戦争が終わって64年
いつでも夢を
空から見た日本100景
雪山の寒苦鳥
メタボ検診始まる
投資のFXについて
就職活動
節分と自己啓発
今を精一杯生きる
分をわきまえる
秋は恋の季節です
中秋の名月
地震多発
美しい国日本
さだまさし償い
人は生かされている
恋愛睡眠 すす め
人工と自然について考える
桜の花を見て
人生50年
今年の干支について
人生は旅といいますね
一生できる仕事
平和について考える
フランクリン13徳中庸
フランクリン13徳正義
フランクリン13徳誠実
フランクリン13徳勤勉
お金について
フランクリン13徳節約
フランクリン13徳決断
フランクリン13徳規律
フランクリン13徳沈黙
フランクリン13徳節制
生きることの不思議
時は金なり
只今臨終
生きているだけで素晴らしい
朝なのに生気がない
何のために生きるのか。
電話するときの気配り
苦労は必要だと思う
一芸に通じるものは万芸に通じる
1日10分の瞑想
平和に感謝
感動

投稿者 管理人 on 2007年04月17日 16:37

人工と自然について考えるを最後までお読下さいましてありがとうございます。ご意見やご感想があればメールしてください。step%town1.net %を@に変えてください

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):