HOME >> 自己啓発・心がある漢字 >> 憶という漢字

2008年12月14日

憶という漢字

憶は心に意という漢字から成っている。

意に知ること、またはおぼえることという意味がある。

憶の反対語は忘である。

これは心をうしなうと意味がある。

それには記憶しない、心にかけない、ゆるがせにするという意味がある。

忘という漢字と同じようなものに忙がある。

これは物事を忘れるという忙しいという意味がある。

事が多くてせわしない、心が落ち着かないなどの意味である。

仏教では忙しくて教えを忘れてはいけないということで

億持不忘ということを教える。

人間というものは忙しいと大事なことを忘れて

日々の生活に忙殺されてしまうことがある。

しかし本当に大事なことを忘れてはならないという戒めである。

何のために生まれてきたのか

何のために生きているのか

人は時として忘れてしまうのである。

本当の使命を忘れないように生きるべきである。

« 一つ前のエントリーへ | HOMEへ

【自己啓発・心がある漢字<>カテゴリーの関連記事】

憶という漢字
思という漢字
智慧について
想について語る
感動の感
憂い


一念
心について

投稿者 管理人 on 2008年12月14日 20:07

憶という漢字を最後までお読下さいましてありがとうございます。ご意見やご感想があればメールしてください。step%town1.net %を@に変えてください

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):