HOME >> 自己啓発・心がある漢字 >> 心について

2006年06月12日

心について

心というのは何だろう。

あらたまって考えてみるとわからないですね。

辞書には次のように説明があります。
『人間の理性・知識・感情・意志などの働きのもとになるもの。』

心は体と対で考えられています。
人間がこの世に存在しているのは、心と体があるからなのです。
どちらかが欠けてしまうと存在しているとはいえません。

心は体のどの位置にあるのか?
そういう質問に対して、心は胸のあたりにあると答える人も多いです。

でも心は脳の中にあるのです。

仏教では色身不二といいまして、
色は心のことです。
つまり心と体は不二、二つではない。
心と体は一体のものであると説きます。

HOMEへ | 次のエントリーへ »

【自己啓発・心がある漢字<>カテゴリーの関連記事】

憶という漢字
思という漢字
智慧について
想について語る
感動の感
憂い


一念
心について

投稿者 管理人 on 2006年06月12日 22:55

心についてを最後までお読下さいましてありがとうございます。ご意見やご感想があればメールしてください。step%town1.net %を@に変えてください

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):