HOME >> 自己啓発を良書から学ぶ >> あたりまえだけどなかなか書けない文章のルール

2006年07月01日

あたりまえだけどなかなか書けない文章のルール

小学生のときから作文は苦手でした。

それは中学生でも変わりません。

読書感想文などは何を書いていいのか、途方に暮れていました。

よくよく思い出してみると、文章の書き方を習っていないことに気が付いたのです。

それから社会に出てみると、文章を書くことがほとんどないので忘れていました。

ビジネス文書は、『謹啓ますます貴社ご清祥のことと・・・』というような
いつの時代の言葉なのかわからない挨拶文があるだけでした。

ところが、メールやブログが当たり前の世の中になったので、
やはり文章が書ける能力の必要性が出てきたのです。

何か良い参考書がないかと思っていたら、
ありました。

できる人は『書く力』でアピールするというキャッチフレーズがついています。
今ほど書く能力がビジネスマンに要求されている時代はなかったです。

この本は文章の書き方が、なんと101の項目に亘って解説されています。
ビジネス文章でも日記でもどんな文章でも参考になります。
まさしく書き方の教科書です。

« 一つ前のエントリーへ | HOMEへ | 次のエントリーへ »

【自己啓発を良書から学ぶ<>カテゴリーの関連記事】

かなり秀逸な自己啓発できる本がキャンペーンでお得
1秒で彼の心理がわかる本キャンペーン
ベンジャミンフランクリン自伝(13徳)
知恵の学問
あたりまえだけどなかなか書けない文章のルール
魔法の質問
1R(ワンルーム)男~28歳の社長、上場物語
あなたに贈る希望の言葉123のメッセージ
7日間で人生を変えよう

投稿者 管理人 on 2006年07月01日 12:32

あたりまえだけどなかなか書けない文章のルールを最後までお読下さいましてありがとうございます。ご意見やご感想があればメールしてください。step%town1.net %を@に変えてください

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):